女優の菊池桃子が4日、二度目となる結婚を発表。ファンからは祝福と安堵の声が相次いでいる。

 菊池は自身のブログで「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています」と子供たちへの感謝を述べた上で、「私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります」と綴った。

 気になるお相手は、経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗氏。近い将来、官僚トップの事務次官候補に上がるいわゆるエリート官僚の一人だ。「働き方改革」や「幼児教育無償化」などの政策を進める人物で知られている。

 そんな二人のゴールインに「末永くお幸せに」「幸せになってほしい」など祝福のコメントが飛び交っている状況だ。

「菊池さんは51歳、新原氏は60歳と一回り上の年齢で、再婚に踏み切った理由が『子供の支えがあった』という話ですからね。非常に好感が持てますよ。だからこそ、なおさら幸せになってほしいところです」(芸能ライター)

 菊池といえば、1995年にプロゴルファー・西川哲氏と結婚するも2012年に離婚。そこからシングルマザーとして二人の子供を育ててきた。その苦労も大きな反響を呼ぶ理由だが……。

菊池桃子「超エリート官僚」と再婚! 前夫はプロゴルファーで「借金不倫」という超絶ダメ男……?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!