先月31日に迎えたハロウィン当日、NHKニュース「おはよう日本」で気象予報士・山神明理が見せたコスプレが話題となっている。なんと山神は、10月に日本を沸かせたラグビー日本代表・キャプテンのリーチマイケルに扮したのだ。コスプレ的な可愛さを微塵も求めずヒゲやかつらなど細部にまでこだわったクオリティを披露し、もはや“放送事故”と呼べるレベルのコスプレにネットが大きくざわついた。

「大活躍のあの人になってみました」と言いながら、リーチマイケルのコスプレで登場した山神。前から「ラグビーが好き」で、着用した日本代表のユニフォームとボールも家から持ってきた私物だと明かした。これにはスタジオの高瀬耕造アナウンサーも「そ、そうきましたかー・・・」と苦笑い。加えて、和久田麻由子アナウンサーから飛び出した「山神あかリーチさん」という名言もネット上で注目が集まった。

 ハロウィンのコスプレは近年一般的になりつつある。裏番組の日本テレビ「ZIP!」でも、モデル・貴島明日香がふとももを晒したミニスカ小悪魔姿を披露。同じお天気コーナーを担当する山神と貴島だが、自分のやりたいことを貫いた山神・可愛さを重視した格好の貴島という、正反対とも言える出来栄えのギャップにはもはや笑うしかない。

 そんな山神の力作に、ネットからも「山神さん、やったな・・・」「今日はかなり衝撃的だった」「攻めたね〜!」など、驚きの声が続出。さらに「インパクト凄すぎて天気予報の情報がまるで頭に入ってこなかったw」と、今日の空模様を知らせるべきお天気コーナーが、コーナーの役割を果たしていない事実を指摘する意見も飛びだした。

 話題性や可愛さ重視の“パリピ的”なコスプレが主流だったハロウィンも、ここ数年「地味ハロウィン」なるイベントが台頭してきており、大喜利のような“ジワジワ来る面白さ”も人気がある。だが今回の山神は地味ハロウィンすらも超えた、“ただやりたい仮装をするだけ”という自己完結型の新たなスタイルを提案したようにも思える。1お天気キャスターの引き起こした“放送事故”級のコスプレは、新たなムーブメントを起こすか。

 来年のハロウィンが答えを出してくれるだろう。

NHKお天気キャスター「放送事故」ヒゲ面コスプレにスタジオ失笑!「天気が頭に入ってこない」と話題にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!