OKAMOTO’Sのハマ・オカモトと松岡茉優がMCを務める新番組『新世紀ミュージック』(BSスカパー!)が今月4日よりスタート。先月30日に行われた記者会見で、松岡は「音楽番組の中でも、かなりアーティストの方に寄り添った番組になるんじゃないか」とPRした。

 BSスカパー!の音楽番組といえば、4年3カ月続いたベッキーとハマが司会を務める『FULL CHORUS』が今年6月で終了。この後継番組にあたる『新世紀ミュージック』はハマが引き続きMCを務める一方で、ベッキーが起用されることはなかった。

「内容もミュージシャンの人選も似たようなものですから、“ベッキー切り”と思われても仕方ない。『FULL CHORUS』は、“ゲス不倫”騒動後もベッキーを起用し続けた、唯一の番組でした」(記者)

 最近は、バラエティよりも女優や絵画アーティストとしての活動が目立つベッキー。しかし、現在まで『モニタリング』(TBS系)や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)といった、かつてのレギュラー番組を“降板”したという発表はない。

「かつてのレギュラー番組は、現在も“休演中”という扱い。『モニタリング』の公式サイトには、今も変わらずベッキーの顔写真が使われています」(同)

『モニタリング』では、別キャラに扮した「木部さんシリーズ」が人気だったベッキー。『モニタリング』公式サイトのトップページには宇宙人風に加工されたレギュラー陣の写真が並んでおり、現在もベッキーの顔写真がほぼ中央に使われている。

「ベッキーとまた仕事がしたいというテレビ関係者は多く、公式サイトの画像もそういうスタッフの思いから差し替えていないようです。『モニタリング』といえば、レギュラーの木下優樹菜が“恫喝DM”騒動により、いつ降板してもおかしくない状態。穴が開けば、ベッキーにチャンスが回ってくる可能性もありそう」(同)

 12月からは、連続ドラマ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 -贖罪の奏鳴曲-』(フジテレビ系)でヒロインを演じるベッキー。『モニタリング』復帰は、木下の今後にかかっていると言えるかもしれない。

ベッキー「木下優樹菜騒動」でチャンス到来!? 音楽番組司会は松岡茉優に取られ……のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!