アイドルグループ・欅坂46の元メンバーの今泉佑唯が、30日発売のアイドル雑誌「月刊エンタメ」(徳間書店)のグラビア&インタビューページに登場。来年3月から公演開始される主演舞台『あずみ~戦国編~』についてマネージャーからプレッシャーをかけられていることを明かし、ファンからはブレークを期待する声が寄せられた。

 江戸幕府初期、暗殺集団の一人として育てられた少女・あずみの戦いと苦悩を描いた人気コミックが原作の同舞台は、2005年と06年に黒木メイサが、15年と16年に川栄李奈がそれぞれ主演を務めた。

「黒木と川栄どちらもその後、売れっ子女優となりましたが、特に後者は今泉にとって事務所の先輩にあたるため、マネージャーから、『川栄は「あずみ」で実力を認められて、いろんな作品で活躍できるようになったんだ』と発破をかけられたとのこと。川栄は、16年に放送されたNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』への出演でブレークを果たしましたが、今泉もそのコースを歩むことになるのか、『あずみ』は今後の女優人生を占う作品となりそうです」(芸能関係者)

 ただ、黒木は12年に元KAT-TUNの赤西仁と、川栄は今年5月に俳優の廣瀬智紀と、それぞれ結婚&妊娠を発表し、キャリアが中断することになったため、「プライベートまで同じコースを歩むことになるのでは?」と懸念する声も広まっている。

「どちらもキャリアが伸び盛りという時期、降って湧いたようにデキ婚が報じられたことで世間を驚かせました。同じ役を演じた者同士のため、今泉ファンも軽視はできないようですね。特に川栄と廣瀬は、昨年10月に公演された舞台『カレフォン』での共演がきっかけとなり、約半年の交際を経てのスピード婚となったため、近日中に発表されるという『あずみ』の共演者にも注目が集まることになりそうです」(同)

 今泉はインタビュー中、柴咲コウを例に挙げ、「本当に大きい夢なんですけど、自分が出るドラマの主題歌を歌いたいんです」と目標を語った。現在38歳でも独身を貫く柴咲のように女優業に邁進すれば、いずれはチャンスが舞い込むことになるかもしれない。

今泉佑唯、舞台『あずみ』でブレーク期待も、黒木メイサ&川栄李奈の後継で「デキ婚」に懸念の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメ舞台の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!