28日、モデルでタレントのローラが自身のインスタグラムを更新した。「お気に入りの古着トップスとくつ」とコメントを添え、ブラウン系の総柄トップスに超ミニ丈のデニムスカート姿を披露。洋服や靴を紹介しているが、それよりもスタイルの良さを強調した写真にローラの承認欲求の強さを感じたファンも少なくないだろう。

 ローラといえば、先日も自身のインスタグラムで赤のスリットスカートから長く伸びた大胆な美脚ショットを公開。逆に長すぎてネット上からは加工疑惑が話題となったばかりだ。今回の投稿でも、古着とは思えないおしゃれな着こなしとミニスカートのスリットから覗くセクシーな太ももを賞賛する一方で、承認欲求の塊ともとれる投稿にうんざりしているフォロワーもいたようだ。

 ローラはファッション雑誌「Popteen」で読者モデルとしてデビュー。その後も「Vivi」などさまざまな雑誌で活躍した。2010年6月にVivi専属モデルの藤井リナ、大石参月とともに日本テレビ「しゃべくり007」にゲスト出演したことがきっかけでバラエティ番組への出演が増加。過去に所属事務所「LIBERA」とのトラブルが話題となっていたが、現在はロサンゼルスを拠点に海外でも芸能活動をしている。

 ネットではローラのインスタグラムについて「すっかり向こうで黒いパリピ生活に染っちゃって上辺を綺麗に飾るだけになっちゃった」「ローラって下アングルとかハイウエストとか錯覚を利用してとにかく脚長アピールしてばっかりだよね」「褒められたいというただの承認欲求はわかった」など、批判的なコメントが寄せられている。

 これだけ世界的に活躍していることもあり、ローラのインスタグラムのフォロワー数は500万人以上。しかし、スタイルの良さを強調する投稿が多く、フォロワーは飽き飽きしているようだ。

 ロサンゼルスに活動拠点を移してはや4年、ネタが尽きてしまうのも納得だが、承認欲求が強い投稿は逆効果だろう。

ローラ「底なし承認欲求」スタイル強調写真を連投!「洋服よりもジブン!」でファンげんなりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!