俳優の木村拓哉が、ジャニーズ事務所の後輩でキスマイことKis-My-Ft2に所属する玉森裕太と、24日発売の情報雑誌「月刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)で対談。「顔があんまりかわいいから、食べちゃおうかな」という発言が飛び出すなど、溺愛ぶりが明らかになった。

 現在放送中の木村・主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が初共演ということで、同誌でのグラビア撮影でも、玉森は先輩を前にガチガチに緊張していたとのこと。特に、劇中でもないほど顔を近づけ、視線を合わせるカットについては、「自然と汗がいっぱい出ました」と明かした。

「この時の玉森の顔が木村には、『中世的な表情』に見えたらしく、食べちゃおうかな発言に繋がったのですが、ここ最近はすっかり『老けた』と揶揄されることが多くなってきただけに、ネット上では、『みずみずしい肌感を羨ましく思ったのでは?』と指摘する声も。また、令和最初の主演ドラマにおいて、視聴率を稼ぐためにも玉森の存在は必要不可欠なだけに、『後輩に気を遣っているのでは?』との憶測も広まったようです」(芸能関係者)

 前日に発売された「週刊ザテレビジョン」(同)でも対談した2人だが、こちらではライブ中に木村を真似て、歌いながら笑顔を見せようとしたものの「ブサイクになっちゃって」と、玉森が失敗談を披露。これに対する木村の発言が、SMAPファンを刺激することとなった。

「玉森の発言に対して木村は、『大丈夫。「舞祭組」の方じゃないから(笑)』と返したのですが、舞祭組といえば、中居正広がプロデューサーとなり、Kis-My-Ft2の横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永の4名で結成されたユニットのため、『中居君イジリ?』と、元SMAP同士の絡みをよろこぶファンがいたようです。その一方、『大丈夫ってどういうこと?』『なんか、舞祭組を下に見てない?』などと、不満を覚える舞祭組ファンもいるようで、ネット上では、『キスマイが木村派と中居派に分裂してしまうのでは?』と危惧する声も流れているようです」(同)

 取材後に連絡先の交換とプライベートでの交流を約束した木村と玉森。この結びつきが、事務所内のパワーバランスを崩すことになるのか。ドラマを含め今後の展開が気になるところだ。

木村拓哉「顔がかわいい」と玉森裕太を溺愛 「舞祭組じゃない」発言でキスマイが木村派と中居派に?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!