女優やモデルとして活躍する山本美月が、23日発売の女性ファッション誌「SPRiNG」(宝島社)内で新連載『山本美月とアニメのはなし』をスタート。

 これは、アニメ好きな山本が好きな作品をチョイスし、コスプレと直筆イラストを披露するコーナーで、今回は1995年から96年まで放送されていたアニメ『怪盗セイント・テール』の主人公・羽丘芽美が変身時のコスプレと、脇役たちのイラストが掲載された。

「ポニーテールを黒のリボンでまとめ、紺色のドレスに黒のロング手袋&ブーツを着用し、振り向きざまにキリっとした表情を浮かべ、キャラになり切った姿を見せた山本。以前からアニメ好きが高じてコスプレにハマり、イラストもプロ並みと評判でしたが、改めて評価は高まったようです。女優業では演技力不足を指摘されることも多いだけに、ネット上では『本業よりもレベルが高いのでは?』と指摘する声も。インタビューにおいて山本は、今後チャレンジしたいアニメ作品の名前を列挙し、この連載に乗り気な様子のため、副業での活躍が期待されます」(芸能関係者)

 同誌で表紙を飾り、山本とは以前、映画『少女』でW主演を果したことがある本田翼は、ゲーム好きを活かして昨年YouTuberデビューし、注目を集めたことによってCMやイベントのオファーが殺到。これに対抗するカタチでファンからは、自筆イラストを用いてのVTuberデビューを推す声も寄せられている。

「本田も山本と同じくモデル出身で、女優デビュー後は演技力を酷評されてきましたが、YouTube上の公式チャンネル『ほんだのばいく』の登録者数が約130万人に達したことで、その影響力が見込まれ、各方面からオファーが殺到しています。今月22日には、同チャンネルの開設1周年記念イベントを開催し、約17千人もの集客力があることを証明したことで、今後ますます引く手あまたとなることでしょう。これに山本が対抗心を燃やし、得意なイラスト描きを用いてのVTuberデビューという可能性もあり得るかもしれません」(同)

 今年4月期に放送され、ヒロイン役で出演した連続ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)は、全10話の平均視聴率が6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と惨敗。このままだと副業が本業に、という状況になってしまうかもしれない。

山本美月、コスプレ&イラスト描きに「本業よりもレベル高い」 本田翼に対抗してVTuberデビュー?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!