第二の徳井義実?

 京都市が、市の施策を吉本興業の地元出身コンビにTwitterでPRしてもらうため「ツイート1回につき50万円を支払う契約」を昨年度に結んでいたことが京都新聞の取材でわかった。

 市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としているこの問題。昨年10月の「京都国際映画祭」などのPR目的だったようだが、同市出身のコンビ「ミキ」の2人が2回にわたって4本のツイートをしている。PR表示などもなかったようだ。

 つまりはそれだけで「200万円」がミキの手(事務所)に渡った、ということになる。

「ネット上では『税金泥棒』『さすがに高すぎ』という声が多くありますが、ミキは『吉本の支持に従っただけでは』『吉本が悪い。ミキを守ろうともしない』と、吉本の姿勢こそ問題という見方もあります。

チュートリアルの徳井さんの所得隠し問題が騒がれている真っただ中ですからね。厳しい意見が出るのも仕方ないかと思われます。それにしても吉本の『金儲け』っぷりはすさまじいですね。ピンハネもすごそうです」(記者)

 京都市側はそれほど問題だとは思っていない様子だが……伝統の街も吉本も、世間と感覚がズレ過ぎ?

ミキ「税金泥棒」疑惑も吉本が悪い? 京都市も問題視せず「世間とズレ過ぎ」のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!