お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、26日深夜に放送されたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で、ウッチャンナンチャンの南原清隆に誘われ、ラグビーワールドカップを2人で観戦しに行った時の話を披露。南原のおとぼけエピソードに対し、相方・春日俊彰のツッコミがリスナーの笑いを誘うこととなった。

 試合前に時間があったため、南原に誘われ、ぜんざいが美味しいことで有名な甘味処へ立ち寄ったものの、こしあん派だという若林はあんみつを頼んだとのことで、春日は、「頼めや、ぜんざい! 失礼だろ」と激しくツッコミを入れた。

「その流れで、南原が頼んだのがアイスコーヒーだったと明かされたために春日は、『頼まねえのかぜんざい、ナンちゃん。食べろや! お前は食べろや、ぜんざい』と、お前呼ばわりしてしまいました。これに若林が反応し、『これはネットニュース。「春日、南原さんに向かって、お前。春日は最近、テレビで見ていても、ちょっと図に乗っている感じがする」』と発言。これにリスナーは笑ったものの、春日といえば今年4月、婚約直後に浮気が発覚して世間を賑わせただけに、『もう気が緩んでるんじゃないか?』『本人の前で口を滑らせて、お前呼ばわりしたら冗談じゃ済まないかもしれない』などと、危惧する声も寄せられたようです」(芸能関係者)

 春日のことを無礼者呼ばわりした若林だが、その後のトークにおいて、南原をパシリ的に扱っていることが明らかとなり、「そっちの方が失礼」「若様も偉くなったもんだ」などと、衝撃を受けるリスナーが続出した。

「若林は、青年コミック誌『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載中の『黄昏流星群』を愛読しているとのことですが、新刊が出るたびに南原が買って来てくれるらしく、その便利さから『南原Amazon』と呼んでいるとのこと。しかし、これは本人の耳に届いているらしく、『「Amazonです~」って南原さんが楽屋に入ってきてくれたことがある』とのことで、春日は、『かわいいじゃない』と、これまた失礼な発言をしましたが、ネット上では南原の懐の広さを称賛する声が飛び交ったようです」(同)

 基本的には、芸人になる前から憧れの存在だった南原と2人きりで過ごせた至福の時間を、リスペクトの気持ちを込めて語った若林。ブレークから10年以上も第一線で活躍し続けるだけに、自身も若手芸人からプライベートでの交流エピソードを語られ、イジられるようになるのはそう先のことではないのかもしれない。

オードリー春日俊彰、南原清隆を「お前」、若林正恭は「南原Amazon 」呼ばわりに衝撃走るのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!