11月2日放送のフジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」で、産休・育休に入っていた同局の生野陽子アナウンサーが復帰する。番組アシスタントとして出演し、今年3月の放送出演を最後に産休に入り不在だった生野だが、番組では代役を立てずに有吉が一人でMCを務めていた。有吉からの厚い信頼が伺えるだけに、これからのママタレならぬママアナとしてさらなる飛躍が期待される。

 約7ヶ月ぶりにアシスタントに復帰した生野は、「有吉さんとナレーターの増岡(弘)さんと揃って番組をお送り出来ることがとても嬉しいです」とコメントし共演者との再開を喜んだ。有吉も、「一人でやってきましたよ」「ちょうど慣れてきた頃に戻ってきた感じですね」などとおどけながらも、生野の復帰を歓迎していた。

 女子アナの世界といえば、毎年次々と有望な新人が入ってくるうえに、近年では人気の局アナが次々とフリーに転向するなどまさに戦国時代。出産・育児のために長期で席を空けようものなら、番組構成上の理由も重なり即座に別のアナウンサーが入るのが常識だ。にも関わらず生野の抜けた席を空けたままにしておいたのは、生野が有吉から絶対の信頼を得ている証だろう。

 現在、芸能界では小倉優子や木村佳乃、ギャル曽根など様々なタイプのママタレが多く活躍している。テレビの内外で家族への愛情をにじませたり、きちんとした生活を送っていると感じさせる部分が、視聴者の共感を呼ぶのかもしれない。今回の出産で“ママ”という属性を得た生野も、これからフジテレビで重宝されることは間違いないだろう。

 過去には「ショーパン」と呼ばれ、人気アナの揃うフジテレビの中でナンバー2になるほどの人気を誇っていた生野だが、その人気に勘違いしてフリーに転身することもなく、しっかりと堅実な道を歩んできている。出産前にもバラエティにニュース番組にと幅広い活躍を見せていたが、これからもさらに活躍の場を広げていくことになるだろう。

 “母の強さ”を見せる生野の活躍に注目していきたい。

有吉弘行「愛情の裏返し」生野陽子アナ復帰に皮肉!愛されキャラでママアナウンサーとして盤石かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!