姉の働いていたタピオカ店のオーナーにインスタグラム上で恫喝するダイレクトメッセージを送っていたことがバレ、批判殺到しているタレントの木下優樹菜が、騒動後初となる『ニンゲン観察!モニタリング』(TBS系)の24日放送回に何事もなく出演した。

「放送では、いつものように登場し、何事もなかったかのような表情を見せていましたが、それに視聴者は大激怒。SNSには『なぜ恫喝女を出演させるのか?』という批判が相次ぎ、同番組の公式ツイッターには木下を出演させたことへの批判が殺到。『来週も出演させるつもりなのか?』『さすがTBS! オウム事件から何も変わっていないな!』などの声が聞こえていました」(放送関係者)

 木下を出演させたことでブーイングの嵐となってしまったが、木下自身は騒動を謝罪したものの、謹慎はしていないため、そのまま何事もなく出演という形になったのだろう。

 また、同番組には過去にタレントのベッキーも出演していたが、あの“センテンススプリング騒動”の余波で降板。放送でベッキーの顔を見ることはなくなったものの、実は同番組の公式ホームページには彼女の顔写真がいまだに使用されている。

 なんとも“懐の深い”番組であるのは、間違いない『モニタリング』。であれば、こんな仰天プランも!?

「木下が出続けるのであれば、申告漏れで話題のチュートリアル・徳井義実と夫の恐喝逮捕で話題の道端アンジェリカでユニットを組み、懺悔企画をやったらどうでしょうかね(笑)。街頭で3人が立ち、歩く人たちの様子をモニタリングすれば、かなりの視聴率を狙えるはず! ちょっと期待しちゃいますね(笑)」(同)

 そんな企画が本当にできるのかは疑問だが、ここまで懐が深いのであれば現実味があるかも!?

木下優樹菜の次は徳井義実? 『モニタリング』で“あの書類送検モデル”と懺悔企画可能性のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!