今月18日、映画『楽園』で主演を務める俳優の綾野剛さんが舞台挨拶に登場。赤スーツに金髪という奇抜な格好で出席したのだが、あの人気芸人を彷彿させる「服のセンス」が賛否を呼んでいる。

 舞台挨拶では、共演した村上虹郎にこの装いについてツッコまれると「俺も分かっているよ。記事になりそうだから言わないけど。金髪に赤いスーツと言ったら……」と苦笑いで返し、また「(映画キャラクターとは)全く別人だなと思ってもらえるように」と説明。どうやら本人なりに、この服装にはちゃんとした意図があったようだ。

 だが、この服装に対し「カズレーザーの真似?」「うん微妙」「ただのチンピラ」とネット上の反応はイマイチ。この格好で限定するなら「カズレーザーの方が数段上」との声も多い。

「こういう派手な格好で来れば話題になると思ったのでしょう。実際、綾野さん自身も『記事になりそうだから言わないけど……』とメディアを意識していますしね。

とはいえ、お笑い芸人のカズレーザーさんとほぼ全く同じような格好で登場する必要はあったのでしょうか。綾野さんクラスの知名度と人気があれば、どんな服装でも注目を集めると思いますけどね」(芸能ライター)

 まさかの「芸人丸パクリ」である意味注目を浴びる綾野。ただ、どんなジャンルでも対応できる「カメレオンさ」はやはり俳優向きと言っていいだろう。

綾野剛「芸人丸パクリ」? ドン滑り衣装も「何でも似合う」俳優センスに称賛の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!