13日、「乃木坂46」の冠番組・AbemaTV「#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ! ハワイ編Day2」が放送された。白石麻衣と松村沙友理が将来について語り合うシーンでは“卒業”を匂わせる言葉も。薄々感じていた白石卒業への布石は着々と進んでいると捉えたファンも少なくないだろう。

 2人のハワイ旅も終盤を迎え、最後の夜はワイキキビーチで打ち上げ花火を楽しむことに。花火を待っている間、卒業してもグループがずっと続いてほしいという想いを明かす松村に、白石は「確かに。卒業生とかでもう1回集まってCDとか出したい。また違うと思うなぁ」と答え、赤裸々トークを繰り広げた。

 2017年には、乃木坂から橋本奈々未が引退。乃木坂結成当初から人気が高かった橋本、白石、松村をファンが「御三家」と呼ぶようになり、3人は“アイドル史上最強のビジュアル”と言われ始め、乃木坂の顔となった。同じ年齢ということで仲も良かっただけに、橋本の卒業は、残された2人にとっても影響が大きかったのではないだろうか。

 ネットではこの卒業匂わせ発言に様々な憶測が飛び交っている。「このハワイの乃木坂世界旅が白石麻衣ちゃんの卒業旅行になりませんように」「卒業して欲しくはないよ。でも心の底から幸せになれる道を選んで欲しい」「毎回噂がたっても、今までずっと居てくれてるんだから、まいやんには1期生最後にして最強の砦までなって欲しい」などのコメントが寄せられ、ファンも複雑な心境をみせた。

 18日に放送されるテレビ朝日「ミュージックステーション」では、乃木坂6枚目のシングル「ガールズルール」を披露することが決まっている。これは白石麻衣が初めて単独センターを務めた楽曲なだけに、卒業発表が行われるとの見方もある。

 ハワイ旅の演出といい、Mステの選曲といい、白石の卒業は案外差し迫っているのかもしれない。

白石麻衣「卒業したら・・・」黄昏ムードで匂わせ発言!現実味を帯びる別れ、早ければMステで発表かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!