Hey! Say! JUMP中島裕翔殿堂入りより、興味は出川哲朗!? ベストジーニストトップ10顔ぶれに「誰?」

編集部

Hey! Say! JUMP中島裕翔殿堂入りより、興味は出川哲朗!? ベストジーニストトップ10顔ぶれに「誰?」の画像1

 

“最もジーンズが似合う有名人”を一般投票で決める「ベストジーニスト」の授賞式が今年も開催され、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が3連覇を果たし、殿堂入りした。

 15日の授賞式で中島は「本当にこれは名誉ある賞ということで……そして今年で3年連続、ストレートで取らせていただき、心なしか昨年よりもずっしりと重みを感じます。感慨無量です」とコメント。女性部門では女優の山本美月が初めて受賞し、「まさか自分が頂けるとは思っていなかったので、すごくビックリしています」と驚きの様子だった。

 なお、中島の投票数は42万6,516票だったといい、2位はジェジュン、3位はKing & Princeの永瀬廉、4位は関西ジャニーズJr.の高橋恭平、5位はAAAの西島隆弘、6位は関西ジャニーズJr.の正門良規、7位は関西ジャニーズJr.の末澤誠也、8位はNEWSの増田貴久、9位は元ジャニーズJr.で退所後は7ODER projectのメンバーとして活動する森田美勇人、10位はジャニーズWESTの小瀧望だったという。

「トップ10のうち8人がジャニーズおよび元ジャニーズという茶番を繰り広げたベストジーニストですが、中島はともかく一般的には『誰?』と首を傾げてしまうジャニタレばかり。ジャニヲタばかりが必死なこの賞に、一体なんの意味があるのでしょうか……」(記者)

 1994年以降、2005年の氷川きよしを除くと全ての年においてジャニタレが制覇しているこの賞。ネット上では「AKB48選抜総選挙」のジャニーズ版とも揶揄されており、特に16年にKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が殿堂入りを果たした際には「なんで?」と疑問の声が相次いだ。

「授賞式には、主催者のベストジーニスト選考委員会が選出する『協議会選出部門』を受賞した出川哲朗が『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)のジーンズ姿で登場。授賞式を伝えるネットニュースを見ると中島の殿堂入りよりも出川にスポットを当てたタイトルが目立ち、これこそ世間の正直な反応と言えそう」(同)

Hey! Say! JUMP中島裕翔殿堂入りより、興味は出川哲朗!? ベストジーニストトップ10顔ぶれに「誰?」のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!