慶応義塾大学アメフト部15日、部の公式サイトを更新。

 サイトのトップには「このたび、部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、無期限で活動を自粛いたします」と、活動自粛を発表した。

 サイトには「関係する方々に多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます」「今回の件を厳粛に受け止め、再発防止と部の再生に全力で努めてまいります」としている。

 そしてやはり“今回”も「また本件につきましては、教育的観点およびプライバシー保護の観点から、詳細は公表いたしかねますが何卒ご理解いただければ幸いです」と、内容は伏せた。

 先日には、高校野球の早稲田実業も同様に「部員の不適切行動」で秋季大会の出場辞退を発表。この際も理由は「プライバシーの観点から……」と同様の理由で明かさなかった。

 しかし、その後「週刊文春」(文藝春秋)が、辞退理由が「ハレンチ動画」であることを暴露。結局、隠しても表に出てしまうのが世の中というものだ。

 今後、またも暴露はあるのだろうか。普段はとりわけ大きな顔をする「私学の雄」2校が揃いも揃ってプルプル震えていると思うと情けない話である。

慶應アメフト「早稲田と同じく隠ぺい?」出場辞退もどうせ「バレる」?のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!