嵐大野智「やる気喪失」で『紅白』回避? 「また嵐か」今年も同じ顔ぶれ?に関心すらなしの画像1

 早くも注目を集める年末の大型音楽番組『NHK紅白歌合戦』。

 出場歌手はシンガーソングライターの竹内まりや、連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌「優しいあの子」を歌ったスピッツなどが、紅白初出場が有力視されている。また、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏の「追悼企画」が検討されていることも報じられるなど、今年も見どころ満載の内容となりそうだ。

 一方、毎年恒例の紅白司会者だが、今年も例年通りの様子。ニュースサイト「スポニチアネックス」によれば、紅組が広瀬すず、白組は嵐が有力視されているという。広瀬は『なつぞら』で主演を務め、昨年の司会ぶりが高く評価されているとか。嵐は2016年からメンバー一人ずつが司会を担当しているが、今年も一人が担当する可能性が高いようだ。

「これまで相葉雅紀さん、二宮和也さん、櫻井翔さんが司会を担当してきました。昨年は櫻井さんの『異常な顔むくみ』が印象的でしたが、果たして今年は誰が担当するのでしょうか」(記者)

 残るは松本潤、大野智の二人。そのどちらかと考えるのが自然の流れだが、ファンの間ではある理由で松本が候補に上がっている。

「大野さんのやる気のなさが指摘されていますね。これまでキャラクターかと思われていましたが、本人は相当前から芸能界自体に興味がないと、一部ではそのような憶測が飛び交っています。

実際、2017年の主演映画『忍びの国』以降、ピンの仕事はない状況。そのような流れで、紅白の司会を務めるとは考えづらいです」(芸能ライター)

 2020年末をもって活動休止予定の嵐。今年は松本で来年は“メンバー全員”とのウワサも上がっているが、ネット上では「また嵐か」「もう飽きた」と興味すら示していない人間も少なくない。

 広瀬も司会者となれば2年連続の選出となる。今年も同じ顔ぶれとなりそうだが……嵐ファンにとっては良い大みそかを迎えられそうだ。

嵐大野智「やる気喪失」で『紅白』回避? 「また嵐か」今年も同じ顔ぶれ?に関心すらなしのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!