11日の報道で、うつ病治療のため8月からリハビリ休養に入っていたお笑いタレント・名倉潤の仕事復帰が発表された。本人コメントによれば医師の許可も下りたようで「これから、ゆっくりと楽しんで仕事をしていきたいと思っております」とのこと。順調に回復しているようだ。

 またその報道に先立ち妻でタレントの渡辺満里奈も取材に応じ、名倉の病状や自身の心境についてメディアに発信。18年に頚椎椎間板ヘルニアの手術をしてから名倉に起こった異変などについて詳しく語った。

「インタビューによれば渡辺満里奈は名倉のうつ病が発症した初期の段階から異変に気付いており、処方された睡眠剤が名倉に合っていないと感じていたそうです。睡眠剤を飲んだ名倉は覇気を失い、元々は神経質なタイプだったのに注意散漫になってしまったそう。服用を続けていたら廃人になりそうな雰囲気だったようです。

そのため渡辺は別の医師にかかることを提案し、できるだけ薬に頼らない方針での治療を勧めたようですね。『彼に関しては私が主治医になりたいぐらい(笑) 一番近くにいる人がよく見て、変化に気付いてあげるのが、初期段階では大切』とのことで、結果的にこれが奏功し今回めでたく復帰に至りました」(芸能誌ライター)

 介護の甲斐あって名倉は2ヶ月という短期休養で仕事復帰を果たし、ネットでは安堵の声が多く上がっている。だが、うつ病罹患者たちからは「この発言からだと薬がダメみたいに思われちゃいそう。投薬が悪いと言い切ることはできないのに」「なんか自信満々だけど…他人で、しかも素人が分かった気になるのはとても危険。本当にうつ病なら2ヶ月で復帰というのも少し心配」など渡辺のやや強引なやり方に異論を唱える声も多い。

「心の病気は大変デリケートな問題ですので、どちらが正解ということはありません。症状が重篤な場合はどうしても投薬が必要な場合もありますからね。
 
名倉の場合は投薬を抑え2ヶ月の復帰で済んだことから、症状がやや軽めだった可能性があります。渡辺はかなり慎重に名倉を観察しているようなので心配はなさそうですが」(同)

 なお、名倉の仕事復帰は11日収録の「じっくり聞いタロウ~近況(秘)報告~」(テレビ東京系)とのこと。本人インスタグラムでは収録中に笑顔を浮かべる姿も公開されているので、まずは一安心といったところ。今後も活躍を期待したいところである。

名倉潤復帰「渡辺満里奈の選択」に疑問も? 「正解」はないが……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!