ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの創業者・前澤友作氏がまたしても注目を集めている。

 8日にTwitterを更新した前澤は、今度は「前澤とプライベートジェットで行く2泊3日福岡グルメツアー」を公募すると発表したのだ。9月にZOZOの社長を退任した前澤だが、10月には再び新事業を起こすことを報告するなど、その挑戦心は衰えを知らない。YouTube配信の構想なども明かしており、各メディアで“賢人”として活躍中の面々は前澤がどこに進出するのか気が気でないだろう。

 前澤は自身の名前をつけた「友作企画第1弾」と銘打って、“2泊3日福岡グルメツアー”に1組3名を公募する、と発表した。前澤が所有するプライベートジェットに乗って、博多の美味しい料理を満喫する旅になるという。“友作企画”についても、「『友と作』の字の通り前澤が新しい友達を作ろうという新企画」であると伝えている。

 9月にZOZOがヤフーの傘下となり社長を辞任した前澤だが、直後に新会社・株式会社スタートトゥデイを設立していたことを今月4日に公表した。さらに「秘書さん!広報さん!僕の新しい活動(まだ具体的に決まってないけど)手伝ってください!」と新事業立上げの仲間を募集するなど、“次の一手”を模索して精力的に動いているようだ。新たな仲間の募集も今回の“友作企画”も、前澤がまだ知らない価値観を持った相手と交流することで、新事業のインスピレーションを得ようとしているのかもしれない。さらに4日には、前澤は流行のYouTube配信への意欲も見せ、活動の幅は広がり続けている。

 そうなってくると戦々恐々としてくるのが各メディアの“賢人”枠だろう。彼ら・彼女らからしてみれば、前澤は興味本位で首を突っ込んでくる競合他社になるが、その興味がどこに向くかがわからないのだ。自身のYouTubeチャンネルが登録者数100万人を突破した「オリエンタルラジオ」中田敦彦や、日本最大のオンラインサロンを運営するなどクリエイター・実業家としての手腕も発揮している「キングコング」西野亮廣なども、前澤が参入してきた場合はその地位を脅かされることは間違いない。

 興味のままに手を伸ばす怪物・前澤が業界に与える影響は、まだまだ序章に過ぎないのかもしれない。各業界で賢人と称されている人々は、前澤が満足する着地点を見つけてくれるまで、自身のジャンルが興味を持たれないよう祈っているかもしれない。

前澤友作氏「草の根運動」グルメツアーでファン獲得!本物の実業家登場にキンコン西野らはヒヤヒヤのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!