TOKIOの城島茂が、10日放送のMBSラジオ『アッパレやってまーす!』に出演。グラビアアイドルの菊池梨沙と結婚を決意した理由を語った。

 9月末に開いた会見で、菊池がすでに妊娠4カ月であることを発表した城島は、ラジオの冒頭、「ちょっと順番が逆になっちゃったんですけど、子どももできまして。結婚するというのは僕自身も一生ないやろと思ってたんですけど、こういう感じでいかさせていただきました」と改めて結婚を報告。

 結婚を決意したタイミングについて、「今年中にできたらいいかなというのは前々から思ってて、タイミングを計ってて。彼女と出会って、お互いにちょっとずつ、ああ、この人だったらいいんちゃうかな、ずっと一緒にいたいなっていう気持ちがお互い高まっていって」と説明。

 さらに「出会って、意識しだして、2015年の秋ですか。そっから4年たつのかな。3年くらいたってそういう感じになってきて」と、交際から3年ほどたった昨年後半頃に「そういう感じ」になったと明かした。

 しかし、ネット上では「もう何を言ってもデキ婚の言い訳にしか聞こえない」「言い訳が回りくどすぎて気持ち悪い」「何年も同棲してるのに、今更気持ちが高まるってムリあるだろ」といった声が殺到している。

「この他にも、ラジオでは実に長々と結婚の経緯を語っていた城島ですが、これが言い訳がましいとして大不評。結婚発表会見を見た視聴者からSNSで『気持ち悪い』と集中砲火に遭った城島ですが、24歳年下とのデキ婚に対する気持ち悪さだけでなく、会見での語り口調が気持ち悪いという指摘も多かった。メディアで結婚について語れば語るほど好感度は下がるばかりです」(記者)

 デキ婚の説明が回りくどい城島。端的に「妊娠を機に結婚しました!」と報告することはできないのだろうか?

TOKIO城島茂“デキ婚言い訳”が酷い! 「気持ちがお互いに高まって」発言に「ムリあるだろ」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!