実の姉が勤務していたタピオカドリンク店に対して、不適切な発言をしていたメールが公開され現在炎上中のタレント・木下優樹菜。

 自身のインスタグラム上に「ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね(削除済み)」と、まるで姉がお店をオープンしたかのように紹介したのだが、実際はオーナーではなくただの従業員だったことが発覚。その後、姉は退職し給料の支払いを巡ってトラブルが起きていたことも、木下はインスタグラムで明かしていた。

「木下のトラブル告発により、お店は一気に非難の的へ。ですが、それにたまりかねて、実のオーナーがTwitter上に木下からのダイレクトメールを公開しました。その内容は恐喝じみたもので、「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」『覚悟きめて認めなちゃい おばたん』と相手を威圧するようなワードの数々……。衝撃を受けた人間は非常に多かったと思います」(芸能記者)

 その後、木下はインスタグラムに「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪文を掲載。さらに、「応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。」とファンへの想いも綴るなど、鎮静化を図っていたが……。

 木下の親友である鈴木紗理奈が、その謝罪文に対して「反省して、また次! みんな応援してるよーー!」と、今回の「不適切発言」を擁護するかのようなコメントを投稿。騒動は収まるどころか、鈴木へも飛び火する事態に発展している。

「恐喝としか思えないダイレクトメールに加え、オーナーさんは木下の姉が『合鍵を持ち出した』『店の物がなくなる事件もあった』との告発もしています。そのようななか、鈴木が擁護したことでネット上は『犯罪行為を擁護?』『いくら親友とはいえ、良し悪しの分別ぐらいつけろ』と大炎上。余計に騒動が広まる形になってしまいました」(同)

 親友を庇ったつもりが、火に油を注ぐことに……。鈴木にも謝罪が求められそうだ。

鈴木紗理奈、木下優樹菜「卑劣恐喝」擁護で大炎上! 「反省して、また次!」能天気コメントで飛び火かのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!