大型で猛烈な台風19号が12日~13日の3連休中に、非常に強い勢力を維持したまま本州に上陸する恐れがあると、気象庁が発表している。全国的に記録的な大雨が予想されており、土砂崩れや川の氾濫など二次災害にも警戒が必要のようだ。

 近年稀にみる最強クラスの台風に世間の注目は高まるばかりだが、フリーアナウンサー・羽鳥慎一が番組内で述べたある発言が大きな物議を醸している。

 事の発端は、自身がキャスターを務める『モーニングショー』(テレビ朝日系)で、いま日本で開催中のラグビーW杯で試合が中止となれば「日本が決勝進出できる」と聞いた際、羽鳥が「台風来い来い」と発したことだ。ネット上では「不謹慎すぎる」「冗談でもイカン」と非難が相次いでいる。

「先日の台風15号で未だ復興中の地域があるのにもかかわらず、台風上陸を期待するような発言は言語道断です。一般的な台風でさえ恐怖なのに、今回の台風は別格クラスですからね。キャスターとしてあるまじき発言といえるでしょう」(記者)

 いまだ無敗と破竹の勢いで勝ち続けるラグビー日本代表。その快進撃に日本中が盛り上がっているわけだが、羽鳥も思わずテンションが上がり過ぎたのかもしれない。とはいえ、これは冗談では済まされない失言である。

 この発言を受け、いまテレビに引っ張りだこの落語家・立川志らくもTwitterで大激怒。「冗談じゃない」と怒りを露わにしている。

羽鳥慎一「台風来い来い!」降板ものの大炎上。立川志らく「冗談じゃない」ガチ切れで騒動激化へ……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!