タレントの木下優樹菜が一般人に送ったとみられる脅迫文まがいのダイレクトメールがネット上に流出し、「まるで『鉛筆で目を刺す』と脅した道端アンジェリカの夫のようだ」と話題になっている。

 ことの発端は、木下が6日に投稿したインスタグラム。木下の姉が7月にオープンさせたという東京都江戸川区のタピオカドリンク店に関し、「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほどご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました その方に、メールをしても、返信すらなく、わたしが宣伝してしまったのが嫌だったはずなのに、未だわたしの写メは消してくれないし お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いされたり」と投稿。

 さらに、ファンへ向け「もうお店には行かなくて大丈夫です」と来店をやめるよう呼びかけた。

 店側を批判し、姉が被害者であることを訴えた木下だが、この後、木下がオーナー側に送ったと思しきダイレクトメールのキャプチャ画像がネット上に流出。

 そこには「(優樹菜の姉の名前)の妹だけど。色々言いたいことあるけど、とりあえずさーインスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww」「んで、給料明細だすの常識な。ww 色々頭悪すぎなw」「あと逆に週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなぁ? 覚悟決めて認めちゃい おばたん」などと恫喝まがいの文面が綴られており、見る者をドン引きさせている。

 真偽は不明ながら、ネット上では「自分の親が木下優樹菜じゃなくて良かった」「ブログでは被害者アピールしているのに、裏ではチンピラみたいな脅迫行為とか。おばさんおばさん言ってるけど、あんたも精神年齢低いだけのおばさんじゃん」「あんなDM送る奴、反省なんか絶対しねーわ 自分の体裁守る為だけの文で余計腹立つ」といった批判が相次いでいる。

木下優樹菜DMで一般人を恫喝か「まるで道端アンジェリカ夫……」のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!