ジャニーズアイドルグループ・嵐が10月9日、公式YouTubeチャンネルを開設し、ヒットシングル5曲のMVを公開した。

 今回公開されたMVは、「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」の5曲。さらに、同時に音楽配信サイトの「Spotify」「Apple Music」「Amazon Music」などでも楽曲配信を開始した。

「ジャニーズJr.はすでに公式YouTubeチャンネルを開設していましたが、デビュー組が開設するのは嵐が初めて。

さらに、音楽配信サイトに関しては、これまで国内向け音楽配信サイトでは配信していましたが、外資系サイトは初です。CD売り上げが激減しているご時世ですから、著作権に厳しいジャニーズもついに解禁したのでしょう。今回は嵐だけですが、今後、他のグループもYouTubeチャンネル開設・配信解禁はあるでしょう。

また、ジャニーズ事務所退所組が次々とSNS進出し活躍し始めていますから、“焦り”という部分もあるのでは?」(芸能記者)

 この突然の開設・解禁に関しては各スポーツ紙でも報道。“公式情報”であると確認したファンからは歓喜の声が殺到し、「マジで嬉しい!」「ついにきた!」といった声がSNSに溢れていた。

嵐「音楽配信解禁」も偽物説? ホンモノはYouTubeのみ?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!