6日、日本テレビ「日テレ系人気番組No.1決定戦」が放送された。38番組から豪華タレントが登場する4時間の大型番組で、総勢101人が出演。「新最強王決定戦」に参戦した「King & Prince」の平野紫耀は、スタジオの期待を気にせず、忖度なしで勝負に負けてしまったが、逆に好感を持ったファンも少なくないだろう。

「ZIP!」を代表して出演した平野は、1戦目でラグビー日本代表の廣瀬俊朗と対戦し、見事に勝利した。2戦目では「ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―」で主演を務める賀来賢人と対戦。スタジオの出演者はどちらが勝つか予想し、外れたら静電気を浴びる罰ゲームといった場面でほとんどが賀来を支持した。平野が勝てば大勢の出演者に静電気を浴びせることができ、番組的にはおいしいシーンだったが、平野はすんなりと負けてしまう。

 平野といえば、かっこいいルックスももちろんだが、ド天然な性格も人気な理由の1つと言える。番組中も平野節が炸裂した。「行列×スッキリ 謝りたい人GP」にグループメンバーと登場した平野は「座右の銘は?」と尋ねられ、「みずがめ座!」と勢い良く解答。星座と座右の銘を勘違いした平野にメンバーは「本当にバカな子です」とツッコミ笑いを誘った。

 放送終了後、ネットでは「手押し相撲でのニコニコ笑顔もビリビリで吹っ飛んでる平野くんもかわいい」と、罰ゲームを受ける平野に好感をもったコメントが寄せられた。また「電流浴びた後のリアクションがエアギターって平野ってやっぱり天才(笑)」「痛みを堪えてる姿も最高」など、その天然なリアクションもファンの心を掴んだようだ。

 なにをしても好感度が上がってしまうほど人気の平野。橋本環奈とダブル主演を務める映画「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」が動員数130万人、興行収入16億円を突破した。

 映画にバラエティに引っ張りだこの平野だが、これからますますファンを増やしていきそうだ。平野の活躍から目が離せない。

キンプリ平野紫耀「負けても絵になる」特番でド天然炸裂!“忖度なし”強烈罰ゲームで好感度UP!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!