「阪神中日は八百長」ツイートアナウンサー炎上……CS逃した広島「実は感謝?」 の理由の画像1

 現在プロ野球界はセ・パ両リーグともクライマックスシリーズ(CS)の真っ最中。週末には両リーグとも激戦が繰り広げられ、ラグビーW杯に負けじと大いに盛り上がりを見せている。

 そのCS進出を巡って30日に行われた阪神対中日・最終戦の最中に、RCC中国放送・石田充アナウンサーが両チームを皮肉るようなツイートを連発したことが物議を醸している。ツイートがまるで「阪神と中日が八百長をした」と受け取れる内容だったからである。

「最終戦の見どころは二つあり、一つは阪神が勝った場合にCS進出が決定すること。その場合広島は4位に転落し、CSへは進出できません。もう一つの見どころは中日先発・大野雄大投手が3回3分の1を無失点に抑えれば、広島・ジョンソン投手をかわし最優秀防御率のタイトルを獲得することができるということでした。

 5位が確定している中日から見れば勝ち負けよりも優先したいのは大野投手のタイトル。阪神とすれば、大野投手には抑えられても勝利のみが欲しいところ。そのためプロ野球ファンの間では『大野に3回3分の1を抑えて、代わりに阪神が勝てばウィンウィン。談合するなこりゃ』といったように談合の可能性が囁かれていました。

 結果を見れば両球団の思惑通りに試合が展開し、広島はCS進出とジョンソン投手のタイトルを逃してしまいました。しかしながら、これが八百長だったかどうかは事実無根ですね。石田アナの該当ツイートは削除され現在は謝罪文が掲載されていますが、これは問題かもしれません」(スポーツ誌ライター)

 昨シーズンまでの三連覇から一転してシーズン最終戦に苦渋を舐めた広島。ファンの憤りは治らないが、逆にCS進出を逃してホッとしている関係者も多いそう。負けて良かったこともあるようだ。

「阪神中日は八百長」ツイートアナウンサー炎上……CS逃した広島「実は感謝?」 の理由のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!