貴乃花光司と河野景子の息子として知られる花田優一氏が4日、YouTubeの公式チャンネルでトーク番組をスタート。YouTube上にもかかわらず、YouTuberを蔑むような発言を連発している。

 昨年9月に自身がパーソナリティーを務めたTBSラジオ『花田優一 FirstStep』が終了してしまった花田氏は、もっとラジオがやりたいとの理由から、今回YouTube上でフリートークの1時間番組をスタート。

 しかし、トーク番組の場として「最初、YouTubeはイヤだった」といい、「YouTuber宣言」と書かれた記事に対して「YouTuberじゃねえよ、バカ野郎!」と怒りを露わに。自身の現状を「YouTuber(人気)に便乗した、みっともない姿を見せてるわけですよ」と言い放ったほか、芸能界に順応できなかった自分について「この期に及んでYouTuberですよ。終わったもんですよ。廃れましたよ、花田優一も」と自虐した。

「彼の中で、テレビタレントよりもYouTuberが劣るという意識が強いのでしょう。プライドの高さから、YouTubeという場に自分が出ることについて言い訳を繰り返しています」(記者)

 また、「フラストレーションが溜まるのよね、芸能界っていうのは」とこれまで受けてきたネガティブな声に猛反論。アンチからの声を挙げ、「バカ野郎」「やるか、ボケ」「バカタレ」などと強い口調で批判している。

「かなり口の悪い花田氏ですが、フリートークではこの上ないほどに絵に描いたような“ドラ息子感”が漂っている。それでトークが面白ければいいのですが、自己肯定と愚痴を連発しているだけ。芸能界に順応できず、仕方なくYouTubeを始めた様子が窺えますが、YouTuberという職業をここまで否定してしまってはますます居場所がなくなりそう」(同)

 YouTuberは「職業」という認識が広まって久しいものの、「芸能人>YouTuber」という固定観念に囚われている様子の花田氏。謙虚さゼロの物申す系トークは、YouTubeユーザーに受け入れられるだろうか?

花田優一がYouTuberを蔑む発言連発! 「芸能人>YouTuber」“バカ野郎”連呼のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!