元衆議院議員の金子恵美氏が、6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で政界からの引退を明言した。金子氏は“ゲス不倫”で知られる宮崎謙介元衆議院議員の妻として知られる。不倫発覚後も離婚をせず、ダメ夫を支える気丈な女として注目を集め、夫婦そろって『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)へ出演したこともある。

 2017年10月の衆院選では次点で落選し、秘書への暴言報道が報じられた石崎徹衆議院議員が辞職した場合は、繰り上げ当選の対象となる。だが、本人としてはその場合でも辞退する意思を持っているようだ。

 今後はメディア出演や講演活動を念頭に置いているとも述べており、本格的なタレント転身が取りざたされる。需要はどの程度あるのだろうか。

「彼女は夫がMCを務める『バラいろダンディ』(TOKYO MX)などに不定期に出演していますが、かなり的確なコメントを発しています。上西小百合や杉村太蔵といった元議員系のコメンテイターよりは、インテリ度が高いといえるでしょう。なおかつ、サバサバとした女といったイメージもあるので、同性受けもしやすいから、案外需要はあるといえるかもしれません」(芸能関係者)

 金子氏は、自民党の中でも保守派の論客として知られた。その点も現在のメディアの需要とは合いそうだ。

「現在のテレビは中高年の視聴者が多く、保守的な言説が好まれやすいのは確かでしょう。金子氏は議員時代は、憲法9条改正賛成、アベノミクス評価、原発再稼働賛成、といった立場を取っていました。日韓問題に関しても強気の姿勢の発言を行っていますし、保守化を強めるメディアにとっては欲しい人材といえますね」(前出・同)

 少なくとも彼女を受け入れる時流は用意されているといえるだろう。果たしてどのような動きを見せるのか。引き続き注目してゆきたい。(文=相川ナロウ)

金子惠美元議員「タレント需要」意外とある? 政界引退で……のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!