NHK「みんなのうた」の10・11月の新曲に、「DA PUMP」の新曲「バケバケNight!」が登場した。

 2018年に「U.S.A.」が大ヒットし再ブレイクを果たしたDA PUMPだが、1年以上経ったいまブームは下火になってきている。そんな中での子ども向けの仕事への進出は、新たなファン層獲得への布石だろうか?だがNHKでは既に「EXILE」が、子ども向けダンス番組を放送している。同じダンス&ボーカルグループの畑を荒らす“新参者”は、視聴者から受け入れられるのだろうか・・・。

 みんなのうた公式HPではバケバケNight!について、「DA PUMPならではの、覚えやすいアップテンポのダンスミュージック」と紹介。さらにDA PUMPのメンバー・KIMIが振付を担当し、「サビには楽しい振付も加わり映像を盛り上げます」として、子どもにも覚えやすく曲調で踊って楽しい振付の曲だとコメントで語っている。

 だがNHKで子ども番組に進出してファンを獲得しようとしても、既に同業のEXILEという“高すぎる壁”が存在するのだ。EXILEは2013年から「NHK Eテレ」で、「Eダンスアカデミー」というダンス教養番組を放送中。メンバーのÜSAとTETSUYAを中心に、2011年に義務教育で必修化されたダンスの楽しさを、子どもたちに伝えている。

 U.S.A.ブームで再び脚光を浴びたDA PUMP。だが今年9月にネットメディアが行ったアンケートで8割近くが「ISSA以外のメンバーを知らない」と解答するなど曲の人気だけが先行してグループが浸透しておらず、そのブームは一過性の気配を見せている。対するEXILEは岩田剛典や関口メンディーをはじめ、俳優やスポーツといった音楽分野以外でも活躍を見せるメンバーが豊富だ。さらに「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」や「E-girls」など、EXILEの世界観を受け継ぐグループも数多く輩出し、芸能界を席巻している。

 再びテレビに呼ばれるようになり“一発屋”で終わらせたくないDA PUMPが、新規開拓を狙うのは当然だろう。しかし、ダンスを武器に子どもとその親にアピールするとなれば、EXILEの畑を荒らすも同然だ。“新参者”の登場で、EXILEがいつ親子層の支持を盤石にするために動くか。これからの番組の充実ぶりにも注目していきたい。

DA PUMP「二発屋の危機」起死回生のNHK狙い!ブームは完全終息、立ちはだかる“巨壁”EXILEのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!