元「SMAP」の木村拓哉が10月9日発売予定「anan」の表紙を飾ることがわかった。「カラダにいいもの大賞 2019」特集に登場し、3つのテーマでグラビアを披露する。20代女性がターゲットの雑誌に50歳間近の木村が表紙を飾ることについて「いまだにイケメン然としてて哀れ」など、バッシングが殺到している。

 木村はグラビアで、今月20日から放送予定のTBSドラマ「グランメゾン東京」で演じるレストランの三つ星獲得に奮闘するシェフ役にちなんだセクシーショットを披露。木村を「三つ星の男」と題し「シズる男」「かぶりつく男」「したたる男」の3つのテーマを表現した。ドラマへの想いや「カラダにいいもの」についてのインタビューも同誌に収録されている。

 今回木村が主演を務めるドラマは、“世界一予約が取りにくい”フランスの三ツ星レストラン「ランブロワジー」でロケが行われたことが話題となった。ランブロワジーで撮影が許可されたのは今回が初めてとのことで、製作スタッフの木村への期待が伺えるが、世間の木村への人気はいまいちだ。

 ネットでは「肌とか相当修正してもらってるんだろうな」「落ちたね~」「これはしんどい」「おじさんになったな~昔はかっこよかったのに」など、全盛期より劣化したといった意見が多く寄せられている。また「キムタクってそこまでヨイショしてあげないと無理な立ち位置に今はいるの?」「シズるってなんだよ、下品」と、企画側の木村の評価と読者の反応に温度差があるといった指摘も。

 来年1月8日にはソロアルバムが発売されることが決定し、豪華アーティスト陣が楽曲提供することでも話題の木村。こちらも「調子に乗るな」との意見が多く、ananの表紙の反応からも分かるように、お茶の間の木村離れが進んでいるようだ。

 再浮上なるか、ある意味で木村の活動から目が離せない。

木村拓哉「下品グラビア」に大ブーイング!50歳間近のおじさんが人気女性誌で“勘違いおイタ”のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!