10月3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)内でえなりかずきが泉ピン子との共演を拒否している、と報じ話題となっている。

 2日に配信された速報記事によると、えなりと泉が共演したのは2015年に放送された特番が最後で、今年9月に放送された特番でも同じシーンに登場することはなかったという。

 また、「週刊文春」では、脚本家の橋田壽賀子氏に取材を敢行。すると、橋田氏は、えなり側から“泉と一緒にいるだけで発疹が出たり、おかしくなる”との申し出があり、共演できなくなっていると激白。脚本に支障が出ているようだ。

「泉さんとは子役時代から共演しており、泉さんとしてみたら、役者であれど“本当の子”のようにかわいがっていたはず。本人も泉さんから撮影裏でしてもらったことを昔はよく話していましたからね。

ですが、泉さんは面倒見がいい反面、それがお節介に感じることもあるし、ストレートにものを言う人ですからね。やっぱり、大人になっていくにつれて、辛くなってきたのかもしれませんね。親離れなのかも。まあ、“発疹が出る”と言うのは、育ててくれた泉さんに対して酷くはないか、と正直思いますが……」(芸能記者)

 また、橋田もそんなえなりに激怒していると記事では伝えているが……。

「橋田さんの脚本の売りは家族にある問題を取り上げるという部分でしょう。記事を読むと、えなりさんが共演拒否していることで、相当な支障が出ており、橋田さんも大激怒している様子です。このまま共演拒否を続ければ、えなりさんの演じる眞に、橋田さんから何らかの“天罰”が下る可能性もあるでしょう」(放送関係者)

 物語の外でも不穏な空気が漂う「渡鬼」。えなりの再登場はいつになるのだろう……。

【渡鬼】えなりかずき「壮絶拒否」泉ピン子症候群に世間も騒然……「だってしょうがなくないじゃないか!」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!