先月8日に最終回を迎えた連続ドラマ『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)。最終回にして自己最高となる視聴率19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、見事有終の美を飾った。

 そんな『あな番』最終回では真犯人となる“黒幕捜し”がヒートアップしていたわけだが、その中でも特に注目を集めていたのが、乃木坂46の元メンバーで現在女優の西野七瀬だ。

 ここでは具体的な内容に触れないが、視聴者からは「非常にショックだった」「まさかの展開」などといった声が上がったほか、「七瀬ちゃんの演技力が凄い!」「振り幅が凄まじい」など演技力にも注目が集まった。女優でもアイドル時代さながらの輝きを放っている。

 そんななか、七瀬は先月30日の『キャッシュレス・ポイント還元事業』の記者発表会に参加。『あな番』での演技力を高く評価されていることについて触れられると、「嬉しい限りです」と喜びをあらわにした。

「確かに最終回までは西野さんの演技力を高く評価する意見ばかりの印象でした。ですが、熱も冷め冷静さを取り戻したファンからは『まだまだ発展途上』『大根演技』との声が多数上がっていましたね。また、今回の記者会見でのやり取りに関し『これは皮肉』『ある意味本人が可哀想』などの声も上がっています

ただ、このような批判は女優業を続けていく上で“つきもの”。それが届いてない七瀬さんはある意味、女優に向いているということになりますよね。『あな番』を機にこれからの活躍にも期待したいところです」(芸能ライター)

 アイドル時代から定評のある「メンタルの強さ」は女優業でも活かされそうだ。

西野七瀬「クソ演技」皮肉にも屈せず? 「嬉しい限り」嫌味を寄せ付けない強心臓のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!