ガールズパフォーマンスユニット・D-Stageの公式Twitterが28日、8月に加入したメンバー・RIMIの契約解除を発表。その理由が前代未聞だと話題になっている。

 D-Stageは、数々のアイドルフェスやラジオ番組などに出演。先月24日には、愛知県で開催された『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーイベントにも参加。嵐・大野智がデザインした「チャリTシャツ」を着用し、ステージでパフォーマンスしていた。

 今回、関係者はRIMIが異性交遊や喫煙について虚偽の報告をしていたことが発覚したため、本人に確認しようとしたところ、売り上げが入った金庫や衣装、音源などを持ち帰ったまま25日より音信不通になっていたと報告。その後、警察へ相談し、27日に警察官と仲介者との間で荷物の引き渡しが行われたという。

 関係者は「音信不通もそうですが付き合っている男性の報告がないだけではなく、別の付き合っていない男性との半同棲が発覚した事、ダンサーという職業にありながら喫煙を事務所に内緒で行っていた事」などが理由で契約解除に至ったと説明している。

「地下アイドル界では、プロデューサーやメンバーが怒りに任せてメンバーの解雇理由を暴露し、今後の芸能活動を妨げる行為が定番化している。とはいえ、メンバー間のいざこざや彼氏バレ、風俗バイトの発覚など、一般的にはわりとどうでもいい理由の場合がほとんど。売り上げ金を持ち帰った末、警察が介入したというハードな理由は聞いたことがありません」(記者)

 大手事務所のタレントでは考えられない、この手の暴露騒動。RIMIの言い分も気になるところだ。

『24時間テレビ』参加アイドルが警察沙汰! 所属事務所の「金庫持ち出し」音信不通にのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!