18日、元「AKB48」メンバーの大島優子が、自身のインスタグラムを更新。

 30日からスタートするNHK連続テレビ小説「スカーレット」のオフショットを投稿した。大島が披露したセーラー服姿にネットではバッシングが殺到している。

 大島は、役衣装のセーラー服を着た自身の姿を披露。水辺でたたずみながら首をかしげ、笑顔でカメラを見つめる大島は、制服姿で一段と若作りをしているようにも見える。写真と合わせて「大きな心で見て~」とハッシュタグを付けて投稿。自虐と見せかけて若さをアピ―ルする“かまってちゃん”なのだろうか。

 もともと子役として芸能界入りを果たした大島。AKBに入り、総選挙では2度にわたって1位を獲得するほどの人気メンバーとなった。146月にグループを卒業し、その後は女優業を中心に活動。同年に出演した映画「紙の月」では「第38回日本アカデミー賞」優秀助演女優賞を受賞したが、年々女優としての仕事が減ってきているという。

 今回の投稿について「大きな心でみても…..きっつ!!」「どうみてもおばさんです」「リアル学生時代はかわいかった」「AKBやめて急激に老けていってるね」といった劣化を指摘する声も。また「可愛いと言われたいんでしょうね~」「どうせ自信あるから載せるんでしょ?」など、大島の“かまってちゃん”にうんざりしたコメントもあった。

 大島がスカーレットで演じるのは、ヒロインの同級生でプライドが高く、勝気な正確のお嬢様役。東京・新国立劇場小劇場で1031日から公演される朗読劇「ラヴ・レターズ」にも出演する予定だが、それほど取り上げられていないだけに、インスタグラムでの話題作りに必死なのだろうか。大島の女優としての生き残りをかけた必死さが少し痛い。

大島優子「ご乱心」セーラー服姿で若さアピール!イタすぎる話題づくりにバッシング殺到のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!