日本テレビ系『シューイチ』のKAT-TUN・中丸雄一のコーナーに出演したという人物が、収録後に番組から渡された承諾書をTwitterで公開。その一方的な内容に批判が相次いでいる。

 書面を公開したのは、食虫植物愛好家として知られる文筆家の木谷美咲氏。「先日、日本テレビ『シューイチ』から依頼を受け、急遽2日間拘束の撮影で中丸雄一さんのコーナーに出たところ、撮影後に番組側からどさくさに紛れて無報酬及び番組内容演出に異議を唱えない承諾書を結ばされそうになりました」と綴り、「コンプライアンス的にも問題あるのでは。料理制作、コーディネート、監修、多岐にわたって仕事をした上でのことです。目下抗議中ですが、私と同じ目に遭う方がいませんように。どうぞお気をつけください」と注意を促している。

 木谷氏が言うように、日テレ名義の承諾書には「無報酬」で収録に参加することや、編集や演出に対し異議を唱えないことなどが記載されている。

「“芸能人以外はノーギャラ”というケースが業界で当たり前になりすぎていて、テレビマンも事前に伝えるのを怠るほどに感覚が麻痺しているのでしょう。業界でまかり通っているこの手の“後出し”が一般社会では通用しないことをわかっていないテレビマンは多いですよ」(記者)

 また、この書面には「伝えたエピソード等が事実であることを保証します」との項目も。

「この承諾書で一番恐ろしいのが、協力者は発言が事実であることを保証させられながらも、番組側に恣意的編集をされても一切抗議できないということ。もし発言が勝手に継ぎ接ぎされ、意味が捻じ曲げられたまま放送されても、協力者は泣き寝入りするしかありません」(同)

 時代遅れのやり方が当たり前のように横行しているテレビ業界。やはり、テレビマンには関わらないのが安全のようだ。

KAT-TUN・中丸雄一の共演者「承諾書を結ばされそうに」……日テレ“非芸能人”を見下しかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!