女性の花形職業の一つとも言える女子アナ。近年では安定志向からか、小中高の女子のなりたい職業ランキングでトップ10に入ることは少なくなったものの、いまだに志望者が多くいる高嶺の花だ。

 そんな女子アナの“闇”が放送されたと、とある番組が話題になっている。

 物議を醸したのは、23日に日本テレビ系列で放送された情報バラエティ『ヒルナンデス!』の中のコーナー、『ファッションレスキュー』。このコーナーは、モデル・タレントの藤田ニコルが芸能人の服をTPOに合わせてコーディネートするというコーナーだが、この日は同局の滝菜月アナが出演。私服がダサいと有名だという彼女は、表参道で行われるプライベート女子アナ会で先輩を驚かせたいと藤田にコーディネートを依頼した。

 藤田は滝の私服にダメ出しを行い、「ちょっと芋くさい感じがありますね」とコメントしながらも、コーディネートを指導。滝も「新しい自分に出会ったような気持ちに」とコメントするような大人びた服装に仕上がった。

 しかし、その服で向かった女子アナ会では、先輩アナウンサーの郡司恭子や笹崎里菜、尾崎理紗が滝の服装を見て「ちゃんとしてる」「めちゃくちゃ可愛いじゃん」などのポジティブなコメントも寄せたものの、「(トップスに)なんか穴開いてるけど大丈夫?」「大人っぽい、年上みたい」「郡司さんのマネした?」と、滝を小馬鹿にしたようなコメントが続出。これが女子アナ同士のマウンティング合戦なのではないかと世間の注目を集めることとなった。

 この件に対し、ネット上では「いつもバカにしてマウントしてるのが出ちゃってるね」「からかってる方にドン引きだわ」と、先輩女子アナたちの小馬鹿にしたような態度に不快感を抱いたという意見や、「ビフォーのほうが本人に似合ってていいとおもうんだけどなあ」「そもそも、このコーディネートが変だった」と、藤田が行ったコーディネート自体が良くなかったのではないかという声が挙がっている。

日テレ女子アナ「派閥闘争」ヒルナンデスで公開乱闘にドン引き! 「マウンティング合戦」がキショすぎ!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!