ダンスグループ「AAA」のメンバー・宇野実彩子が、ファッション誌「CanCam」11月号(小学館)の表紙に登場。グループでの表紙はこれまでにあったが、宇野のみというのは今回が初めてとなる。同月号のメイン特集が「“色っぽい”と思われたい」ということで、読者からの「色気」支持ナンバーワンの宇野の起用が決まったそうだ。

「宇野さんといえば、小学校から高校まで有名私立の白百合学園の出身で、最近では“お嬢様エピソード”もウケており、若い女性たちの支持を集めています。その上、大人の色気も抜群。昨年発売した写真集では美しい姿を見せていましたからね。『CanCam』の読者層には有名大学の女子が多く、今回の表紙抜擢は頷けますね」(女性誌ライター)

 いまや、“女性ウケ”NO.1ともいえる存在となった宇野。だが、その一方で、彼女をデビュー当時から知っている女性たちからは、冷ややかな声が上がっている。

「デビュー直後の宇野さんは時代の流れもあったんですが、ギャルメイクだったんです。その上、メンバーに『ゲップをかけてくる』と暴露されたり、ソファーの上であぐらをかきながらご飯を食べるなど、態度もかなり悪かった。過去を知らないファンからしてみたら、今のお嬢様イメージとは真逆すぎて、想像がつかないでしょうが……。

そのため、古くから彼女を知っている世代からは『あんなに下品だったのにね』『お嬢売り出し成功してよかったよね〜』『したたか女だよ、この人』などという厳しい声が上がっており、彼女の激変ぶりを冷ややかに見ている人も多いですよ」(芸能記者)

 急にお嬢様イメージに転換し、大成功をおさめている宇野。だが、あまりにも過去と違うキャラだけにいつか、ボロが出てまた“逆戻り”なんてこともあるかもしれない!?

AAA宇野実彩子「性格最悪過去」払拭に冷めた目線? 色気表紙も微妙な反応?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!