あのエンタ芸人は今? ですよ。の謝罪代行ビジネスが話題

編集部

 お笑い芸人のですよ。が16日のツイッターで「謝罪代行サービス」を提案し話題となっている。

 ですよ。は「年間で1万回『あーいとぅいまてーん』の素振りをしているので謝る事には自信があります。交通費負担。相手に許してもらえなかったら無料、許してもらえたらお気持ちでOK」とゆるい条件を提示している。

 ですよ。といえば『エンタの神様』(日本テレビ系)で「YO!気なあやまラッパー」として登場し、一世を風靡した人物である。最後に「あ〜い、とぅいまてぇ〜ん!」と、謝るフレーズがよく知られている。今やすっかり「あの人は今」状態になっているが、ツイッターではいわゆるクソリプに対しても律儀にネタのフレーズで返すなど、キャラを変えないぶれない活躍を見せている。

 ですよ。のビジネスは、近年流行りの退職代行ビジネスなどにインスパイアされたものだろう。謝罪は、本人が直接行ってこそ意義があるといえるが、その機会が得られない人も多そうだ。場合によっては「笑って許せる」といった関係もあり、緊張感を解く意味合いもあって、ですよ。的なポジションはうまく生きる可能性がある。

 さらに、許してもらえない場合はお代をいただかないというのもプロの仕事術とも取れそうだ。実際に、ツイートから3時間後には「『謝罪代行サービス』の依頼が止まらないので一回締め切らせて頂きます。本当に申し訳ございません!!!」と書き込んでおり、潜在的な需要はあったといえるだろう。

 ですよ。は何かと話題の吉本興業の所属芸人である。一連の闇営業問題では、仕事がない、ギャラが安いといった若手芸人の愚痴が炸裂したが、そうした流れに乗らず、自分で仕事を提案するですよ。の姿勢は評価できそうだ。(文=相川ナロウ)

あのエンタ芸人は今? ですよ。の謝罪代行ビジネスが話題のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!