小泉進次郎は講釈師? 梅沢富美男が絶賛?の画像1

https://s.mxtv.jp/barairo/『バラいろダンディ』TOKYO MX公式サイトより

 12日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、安倍政権に初入閣を果たした小泉進次郎衆議院議員について梅沢富美男が語った。

 梅沢は進次郎が、マスコミの囲み取材に応じ、どんな質問にも打ち返していたことに「弁が立つね。大したもんだ。最高の役者だ」と絶賛した。もちろん進次郎の職業は政治家であって役者ではない。それでも梅沢は続けて「講釈師みたいなウソをついて」と続けた。

 これにはスタジオが多少どよめくも、梅沢は「褒め言葉よ。講釈師っていうのは小さいネタをいかにでかくしゃべるっていうのが講釈師の仕事だから。次から次へといろんな質問をするやつに全部こたえた。いやあ大したもんだ。お兄ちゃんよりうまいんじゃないのか」と語り、進次郎の実兄で、俳優をしている小泉孝太郎を引き合いに出して称える。ただ「講釈師見てきたようなウソを言う」といった言葉がある通り、俳優としては良くても政治家としてはどうなのかといった疑問符はつくだろう。

 このほかナジャ・グランディーバは「あとはどういう仕事をしてくれるのかな」といった、今後へ期待する声や、女性大臣が二人しか入閣していないことには、橋本マナミが「ちょっと少ないかな。女性が働ける時代になってきているので、進次郎さんのように若手の有望株的な女性が入ってくれたら」とコメントした。

 進次郎の少ない言葉でハキハキとしゃべるスタイルは、父親である小泉純一郎元首相ゆずりのものともいえる。ただ、実際のところは何となくわかっているように思えて、実は何も話していないといったことも少なくない。
同番組では水曜日のコメンテイターとして出演した遠野なぎこが「嬉しさを隠しきれていないのに格好つけている」と、進次郎のウイークポイントを見抜いていた。

 進次郎の入閣には手放しによる絶賛ばかりでなく、さまざまな留保がつきそうだ。(文=相川ナロウ)

小泉進次郎は講釈師? 梅沢富美男が絶賛?のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!