12日放送の日本テレビ系『スッキリ』で、MCのハリセンボン・近藤春菜が老人に向けてアートメークを勧め、物議を醸している。

 番組では、16日の敬老の日を前に、「おじいちゃん、おばあちゃんに聞く 使ってみたら便利だったもの」を特集。VTRが始まる前、近藤は「眉毛、彫ってるんです、今」と自身の眉毛がアートメークであることを告白。

「だいたい1年くらい消えない」「24時間マラソンのときにノーメークで走ったんですけど、眉毛が立派に残ってたんで。眉毛の印象で全然変わるじゃないですか、人って」とメリットを紹介。最後は笑顔で「おじいちゃん、おばあちゃんにやったらどうかなって思ってます」とカメラ目線で投げかけた。

 そんな近藤を、共演者は「あははは」と笑っていたが、この放送後、ネット上では母親のアートメークが原因でMRI検査を受けさせることができなかったと訴える人が出現。「数年後、倒れたときMRI検査ができず大変でした! 目の近くなのでどこの病院もNGです」「何かあるたびMRI検査がてきないと伝えないとならない。検査できないわからない不安がずーっとついてまわります」などと訴えている。

 なお、病院から断られる原因は、染料に含まれる金属成分が反応し、皮膚を火傷する恐れがあるため。しかし、実際は眉毛タトゥーとアートメークは染料などに差があり、アートメークでトラブルが起きたケースはまだないという話も。アートメークは問題なくMRIを検査を受けられるという医者は多いものの、タトゥーとアートメークを混同するような説明や、デメリットに触れないまま勧めるのは不親切といえるかもしれない。

 似たような騒ぎといえば、先月29日放送の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』(テレビ朝日系)で、塩水を使った庭の除草方法を紹介。番組は数秒にわたり「塩害対策をしていない場所では行わないで下さい」とのテロップを表示していたものの、ネット上では「塩害甘く見たら、土地殺すよ」「テレビでやったらダメなやつ」「テレビで爆弾の作り方を紹介するのと同じ」と批判が殺到した。

【無責任】『スッキリ』近藤春菜、老人に“眉毛タトゥー”勧め波紋「MRI検査できなくなる!?」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!