10日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、ジャニー喜多川さんのお別れの会での一幕が披露された。

 爆笑問題は、30年以上の芸能生活の中で、晩年のジャニー喜多川さんに一度だけ会っている。その時の印象は腰の低い気のいいおじいさんであったようだ。さらに、ジャニーさんのエンタメの根幹にある反戦や平和への願いに太田は共感し、たびたび話に出していた。その縁もあってか、お別れの会にも呼ばれたようだ。

 その場には芸能界各所の大物がずらりと出席していた。ただ場の空気を読まないのが太田流ともいえるだけに、その場にいた秋元康に「なんで新潟のこと言わないんだよ」と食ってかかったようだ。

 これは元NGT48の山口真帆の暴行事件を受けての運営側の対応を指したのだろう。秋元康はAKB48グループの発案者といえるだけに、実質的な最高責任者の立場にある。ただ太田のツッコミに秋元は「だって本当にわからないんだもん」と子供のようにすねていたようだ。

 さらに、相方の田中裕二も「またイヤなこと言うよな。ヒヤヒヤするよ」と話し、その場でフォローも入れたという。田中は秋元のそばに太田が陣取り、別の人間との話が終わるのをじっと待っていた様子を話した。一度、太田にロックオンされてしまうと“ブッコミ”が終わるまで離してもらえないのかもしれない。

 それでも太田は「あのリアクション見た時に、この人はこの人でいろいろ大変だろうなという感じ」と、気苦労も感じられたと話した。秋元の子供のような返しも、単にふざけている、開き直っているといった話でもなさそうだ。太田は「これから自分も秋元さんにプロデュースしてもらわないといけないんで」と話し、笑いでトークを締めていた。(文=相川ナロウ)

ジャニーさんお別れの会で秋元康をハードにイジる爆笑問題太田のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!