手越祐也「追放」間近!? 「後輩に示しつかない」HiHi Jets処分にファン不快感の画像1

 ネット上に“ニャンニャン写真”などが流出し、年内活動自粛を発表したHiHi Jets・橋本涼と作間龍斗。ジャニーズ事務所が「タレントとしての自覚の欠如」「ジャニーズJr.としてふさわしくない姿勢、行動」と2人に対し厳しいコメントをする一方で、ファンからは「なんで2人だけ?」「じゃあ手越は?」といった疑問の声が相次いでいる。

 カメラ付ケータイが普及してからというもの、女性関係の流出騒動が続いているジャニーズ。近年だけでも、2013年にKis-My-Ft2・宮田俊哉、NEWS・加藤シゲアキ、14年にKis-My-Ft2・薮宏太のニャンニャン写真がそれぞれ流出。16年にはSnow Man・佐久間大介と思しきLINEが流出し、女性との際どいやり取りが公に。

 さらに17年には、週刊誌がHey!Say!JUMP・岡本圭人のベッド写真を掲載。18年9月には、関ジャニ∞・大倉忠義のベッド写真を「フラッシュ」(光文社)が掲載した。

 また、かつてアイドルとのキス写真が話題となったNEWS・手越祐也は、17年にセフレだったという元アイドルがベッド写真やLINEのやりとりを公開。女性スキャンダル以外にも、福岡の金塊強奪犯との写真が問題視されたり、LINE流出騒動により“コネチケ”の存在が発覚するなど、起こした騒動は枚挙に暇がない。

「一部Jr.ファンは、『なぜ橋本と作間だけ?』『先輩はお咎めゼロ?』と不快感を露わにしている。当然、橋本と作間が未成年であることが処分に至った最たる理由だと思いますが、それだけではファンも納得できない様子。ジャニーズはこれまで、Jr.も含めてスキャンダルのほとんどをスルー。滝沢秀明さんがJr.の担当となり転換期を迎えたばかりとはいえ、確かに不公平な印象は否めません」(記者)

 一方、14年に「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」(通称・リベンジポルノ防止法)が成立してからというもの、流出させた女性や、ジャニタレを実名で掲載した週刊誌に対し「なぜお咎めがないのか?」と疑問視する声も増加している。

「週刊誌などでは、女性タレントにモザイク処理や匿名報道などの配慮が見られるようになった一方で、男性タレントは裸や実名がそのまま報じられることも多い。今後も流出が続いた場合、ジャニーズ事務所が流出元に対し法的措置に乗り出す可能性もありそう」(同)

 ジャニーズ側が写真を「本人」と認めたことで、大きなショックを受けているHiHi Jetsファン。これまで通りスルーしてもらったほうが、ファンは幸せだったかもしれない。

手越祐也「追放」間近!? 「後輩に示しつかない」HiHi Jets処分にファン不快感のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!