8日、日本テレビ「あなたの番です-反撃編-」の最終回が放送された。

 元「乃木坂46」メンバーで黒島沙和役を演じた西野七瀬の演技力の下手さが、結末以上に話題となっている。最終回の視聴率がシリーズ最高の19.4%だっただけに、多くの視聴者に大根女優ぶりが知れわたったようだ。

 同作品は、秋元康が企画・原案を手がける「交換殺人」が題材の2クール連続ドラマ。原田知世と田中圭がダブル主演を務め、引っ越し先のマンションを舞台に連続殺人に巻き込まれていく謎解きミステリー。放送期間が長かっただけに、事件の黒幕が気になる視聴者の期待値を超えられなかった西野の演技にバッシングが殺到する結果となった。

 犯人について、作中ではたびたび黒島が不審なそぶりを見せていたため、早い段階で「黒島が犯人だ」との予想する声があった。また、秋元が企画・原案に関わっていたことから、乃木坂元メンバーの西野が大役をもらったのではないかとの憶測も飛び交っている。想定内の結末に内容が薄いと感じた視聴者も少なくないだろう。

 ネットでは「黒島ちゃんの演技のせいかな、最後は拍子抜け」「西野七瀬演技下手だから一気に冷めた」と、西野の演技力不足と結末の両方にバッシングが殺到した。また、「周りが上手すぎで浮いてた」「もっと猟奇的な演技できるひとにしてほしかったな」など、西野の女優歴の浅さを指摘する厳しい意見もあった。

 今回は秋元の差し金とも言われている西野だが、番組の最終回を台無しにしたことには変わりない。グループ卒業からわずか半年で殺人鬼役はいくらなんでもハードルが高すぎたのだろう。西野がこれからも女優業をやっていくとなれば、普通のOL役の方が細く長く続けられそうだ。

西野七瀬「大根演技」でフィナーレ台無し!高視聴率ゆえ“実力不足”が国民の知るところにのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!