ロンドンブーツ1号2号の田村淳が慶応大学大学院メディアデザイン研究科に在籍していることが分かり、「学歴ロンダリングではないか」などと批判を浴びている。

 田村淳といえば18年に青山学院大学の入学試験に挑戦し、結果不合格だったものの慶応大学法学部通信教育課程に見事合格。順調にいけば現在も在籍中のはずである。

 ネットでは「これで大学院を卒業したら、最終学歴は慶応大学大学院卒業になるってこと? 大学を卒業できなかったのに?」や「いくらお金積んだんだろう。お金で買った学歴に意味あるのかな」など非難の声が殺到。擁護する声は皆無と言ってよいほどである。

「18年に青学入試に失敗し、それでもめげずに慶応大学法学部に入学した際には応援する声もありました。本人の『いつからでも勉強できることを証明したい』や『法律を学びたい気持ちは変わらない』といった前向きな姿勢が評価されてのことですね。しかしながらそれから一年も経たないうちに退学し、今度は法律とあまり関係なさそうなメディアデザイン研究科への入学。やはり違和感がありますね」(週刊誌ライター)

 本人は6日にツイッターを更新。「(学歴そのものは)正直どうでもいい」とし、「目標の場所が途中で変わる。(中略)学びたい事が途中で変わる。悪い事ですかね? 道が途中で変わるのは、分かれ道まで歩いたからです。一本道だけが道じゃない」(原文ママ)と変節の理由を説明。

 しかし、どうしても目に見える学歴を欲しがっているようにしか見えないとネットでは話題になっているようだ。

田村淳=小室圭!? 「学歴迷走」で目的は肩書のみ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!