9月8日、俳優の三浦翔平が木村拓哉と初共演した際、木村の弟子を自称し、共演の若手俳優を仕切っていたという記事が東スポWEBにて報道され、波紋を呼んでいる。

 記事によると、木村と三浦は来年の新春ドラマ『教場』(フジテレビ系)で共演。その際、木村は役作りのために現場の若手俳優と距離を置いており、それを知った三浦が現場まとめ役を買って出たものの、木村のいないところで、ある若手俳優に対し「役者の才能ないよ」などとイビったりしていたということだった。

 三浦といえば「週刊文春」2014年6月19日発売号にて、仲の良い佐藤健主催の合コンにて、メンバーの女性陣が気に入らない佐藤のために「ブース、帰れ!」とコールしたことを参加女性に暴露されてしまった過去がある。

 この報道のイメージが強いこともあって、木村の弟子のニュースについて、ネットでは「結婚しても残念なままなんだな」「ブス帰れの次はこれですか」「若手叩き?三十路迎えてから焦りが出たのかな」「前から先輩にくっついて偉そうにしてる小物感ある」と辛辣な声が続出している。

「この三浦さんのニュースを受け、妻の桐谷美玲さんも若手俳優と同じような目にあっていないかと、桐谷さんファンから心配の声が上がっているんです」と語るのは芸能事務所関係者。

「三浦さんは以前、インタビューにて理想の結婚生活について『家で待っていてくれる方がいいです。無事に帰ってきて、あたたかく迎えてくれるほうが僕はうれしい』と語ったことがあるなど、かなり亭主関白なタイプ。仕事現場で偉そうにしているということは、家でもしている可能性が高いというのは頷ける話です」(同上)

三浦翔平「若手イビリ」報道で成長なし? 桐谷美玲「激ヤセagein」は”家イビリ”のダメージ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!