「文春オンライン」(文藝春秋)が、NGT48暴行事件に関し、被害者である山口真帆が「犯人グループとつながっている」という新証拠として「事件当日の音声」を公開した。

 山口は暴行事件直後に元メンバーの女性に電話をかけ、合流。その後公園で犯人グループに山口が関与メンバーを聞き出しており、そのやり取りの音声、とのことだが……。

 もはや「山口が被害者」「山口が元凶だった」など、一般人からすれば「どうでもいい」というのが、本音かもしれない。

「どちらが悪いとかどうとか、ではなく『そんな状況が起こってしまう運営の状態が問題』であり、そもそもAKBグループのシステムの限界、ということで一般的な結論は出ています。ザル過ぎる運営が悪質なファンを生み、メンバーとのつながりが生まれてしまったということです。AKSやAKB48の『商売システム』の限界なんでしょう。

今さら個々のメンバーがどうこう、山口さんがどうこうなどどうでもいいことだと思います。それを必死にアピールするAKS、文春に呆れる声が多数ですよ」(記者)

 仮に山口が本当に悪かったのだとしても、そうなってしまった「状況」や「環境」が悪い、というのもまた真理だろう。

 そして「もう山口が正しいでいい」という意見もある。

「事件への関与が疑われるメンバーも含め、ルックスは山口さんがいいので、特に男性ファンの間では『かわいいから山口が正しいでいい』『運営のおっさんおばさんより、美人の山口を信じる』なんて意見も。これは暴論ではありますが、そのくらいどうでもいいんですよ」(同)

 盛り上がっているのは内々だけのようだ。

山口真帆「音声」よりルックスで勝負あり? 「他よりかわいいから正しい」誰も真実興味なしのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!