広瀬すず公式ツイッター

 先日、NHK朝ドラ『なつぞら』の公式ツイッターにて新生児を抱っこする中川大志を見て、指をさして大笑いする動画が公開され、批判を浴びてしまった女優の広瀬すず。そんな彼女が、新たな火種を起こし、ネットが騒然となっている。

 8月25日に公開されたこの動画のリプライには視聴者から「性格が悪すぎ」「場の空気が悪くなっているのがわからないのか」「子供嫌いなの?」など、広瀬に対して多くの批判が集まり炎上。すると、これがすぐさまネットニュースになり、拡散されたところ、広瀬の性格や育ちの悪さを指摘する話までに発展。さらに今度は「デイリー新潮」が『なつぞら』の視聴率が急激に下がっていることを報じ、これが「広瀬のせいだ」と再び批判を浴びてしまったのだ。

 災難に災難が重なってしまった広瀬。なんとも「お気の毒に」としか言えない。だが、広瀬もここまで言われて黙っていられなかったのだろう。

 動画公開から4日後の29日、広瀬は子役をおんぶする画像をアップしたのだ。

「画像と一緒に『おんぶしてお散歩したりしてたら 寝ちゃってさ。かわいくてさ』というメッセージも投稿して、名誉挽回といった感じで“子供好き”アピールしてましたね。ファンからは『本当のママみたい〜』なんて言われてましたが、ネットでは『寒い』『アピールがうざい』『そういうところが根性悪いって言われんじゃん』などと、批判の嵐。挽回ではなくさらに“性格悪い説”を強めてしまいましたね」(芸能ライター)

 やはり世間の声を気にしている様子がうかがえる広瀬。そうなったしまったのも、あの忌まわしい過去のせいだろう。

「広瀬さんと言えばスタッフを小馬鹿にした発言により、ずっと“性格が悪い”というイメージがつきまとっている。その批判のせいで、結構精神的に参ってしまった様子。どの撮影現場のスタッフに聞いても『以前に比べて明るさが減った』と言ってます。また、批判を重く見たのか、最近ではスタッフを褒める発言もしており、そのイメージをなんとか払拭しようとしているのでしょう。ですが、今回を見る限りではそれはむずかしいかと。さらに精神面の悪化が心配されます」(テレビ関係者)

 たった一度の発言で、今もネチネチと言われ続けてしまっている広瀬。その声が支持に変わる日はやってくるのだろうか。

広瀬すず「子どもおんぶ画像」はエゴサーチ結果!? 「性格悪い説増殖」で逆効果!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!