フジ、上戸彩『昼顔』続編オファー報道に「先生死んだんじゃないの?」とザワザワの画像1

上戸彩公式サイト

 

 フジテレビが女優の上戸彩に対し、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の続編の出演オファーを出していたと5日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 2014年に放送された『昼顔』は、上戸演じる普通の主婦と斎藤工演じる高校教師がダブル不倫に溺れる愛憎劇。最高視聴率16.7%(第10話、ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、17年6月に公開された映画版は興行収入23.3億円の好成績を収めた。

 タレントの指原莉乃をはじめ熱狂する視聴者も多かった『昼顔』だが、「新潮」はフジテレビが主演の上戸に続編の出演を依頼したと報道。しかし、今年7月に第2子を出産したばかりの上戸は、現状スケジュールが組める状態にないという。

 妊娠中に出演した『アイムホーム』(テレビ朝日系)を最後に、連ドラ出演を避けている上戸。子育てに専念したいとの思いもあり、今すぐ『昼顔』のオファーを受けるのは難しいのだろう。

 しかし、上戸の状況より気がかりなのは、フジテレビが『昼顔』の続編を制作しようとしている可能性があることだ。なぜなら、映画版で斎藤演じる“北野先生”は、半ば妻に殺される形で死亡しているからだ。

「映画版で全てが完結したと理解していましたから、フジが続編に乗り気というのは嬉しい半面、正直、複雑ですね。『昼顔』ファンは、上戸と斉藤の組み合わせでなければ納得しないでしょう。死んだ北野先生をどう復活させるのか……、もし無理矢理すぎる設定にされたら、萎えてしまいそうです」(『昼顔』ファンの女性)

 衝撃的な内容だった映画公開以降、「続編はない」と思われていた『昼顔』。フジは一体、どんな設定で続編を作ろうと考えているのだろうか?

フジ、上戸彩『昼顔』続編オファー報道に「先生死んだんじゃないの?」とザワザワのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!