大島麻衣「韓国大好き攻撃」炎上商法あからさまに呆然……そんな人、いたなあの画像1

 

 大島麻衣のTwitterが「大炎上中」だ。

 2日、大島は自身のアカウントで「今回の韓国旅行については久しぶりにブログに思いの丈をたんまりと書きたいと思っています。今までよりも優しさに触れることが多くて、なんか嬉しいです! 韓国の方も日本人を気にしてくれている人はたくさんいます!」とハッシュタグで「こんな時こそ思いやり」という文言を足してUPした。

 これに対しリプライのコメント欄では「今は批判されるのが分かってると思うんだから
言わなくてもいいと思う」「韓国政府には?」「いってることはわかるが、やっぱいやです」と賛否両論の状況に。

 さらに大島はリプライでの批判に「韓国の話するとキーキー言う人多いね 私が好きなだけで人に迷惑かけてない。好きなものを好きと言う。それだけ。シンプルな話。世界にはいろんな人がいます。気にしないで。」「あなたは嫌い。私は好き。それでよくないですか?どうしてみんなで嫌いにならなきゃいけないんですか?」などなど、批判的な意見に徹底抗戦の構えだ。

 もともと韓国好きだったのは有名な大島だが、なぜ突然このような発言をしたのだろうか。

「大島といえば、最近は仕事の話はほとんどない状況ですし、話題づくりなんじゃないでしょうか。徴用工やGSOMIA問題で揺れる状況を考えれば、何かしら韓国の発言をすれば炎上するのはわかっていますからね。あえて語るとすればそういうことしかないでしょう。

何にせよ、話題づくりがミエミエなので世間の反応も冷たいもの。『売れない芸人の炎上商法』『そんな人、いたなあ』『じゃあ韓国に住めば』『日本大嫌いってこと?』と批判的な意見で溢れていますよ」(記者)

 いずれにせよ作戦は失敗か?

大島麻衣「韓国大好き攻撃」炎上商法あからさまに呆然……そんな人、いたなあのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!