木村拓哉「痛いGACKT化」シルバーにグラサンにツナギ……いい加減年齢考えろ?の画像1

 ジャニーズ事務所内で着々と地位を築くのは別にいい、それだけのことをしてきた男だ。だが……。

 23日発売の「フライデー」(講談社)が、木村拓哉の「打ち上げ写真」を公開している。写真には特別ドラマ『教場』(フジテレビ系)の打ち上げ会場から出る木村をとらえている。

 若い共演者たちにとってはまさに「神」のような存在の木村。平成ドラマの象徴的存在だけに、その威光は抜群だ。SMAP解散後はジャニーズ幹部にも完全に気に入られて「幹部のポスト」という話題にまでなっているようだ。

 日本一有名な男の一人なので、そうした動きがあるのはわかる。しかし、世間の注目はそんな内情ではなく、写真の「服装」だった。

「プリントの入ったツナギを着て、サングラス、シルバーアクセ……47歳とは思えない服装で『さすがキムタク!』というべきところなのかもしれませんが、単純に『若作り』『チャラいおっさんスタイル』『さすがにアラフィフだときつい』と、服装に対して厳しい意見が多いですね。

 最近ではすっかり『嫌われタレント』にもランクインしてしまうキムタクさん。アイドルとはいえ年相応の服装でもいいような……」(記者)

 ミュージシャンなら何となくわかるが、最近の木村は音楽活動はしていない。何が本業かわからないという意味で「GACKT?」「武田真治?」という声も。

 確かに同誌の写真だけだと、GACKTといわれても信じるかも……。

木村拓哉「痛いGACKT化」シルバーにグラサンにツナギ……いい加減年齢考えろ?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!