東映特撮「セクハラ常態化」P退社だけでは済まない問題の数々

編集部

東映オフィシャルサイト

 6月、Tokyo Dome Cityの「シアターGロッソ」の戦隊ヒーローショーでMCを担当していた女性タレントが、スタッフからセクハラやパワハラを受けていたことをたとして、その被害をTwitter上で告発。これを受け、8月19日、ショーを制作する東映が、ハラスメントに関与していた社員・スタッフ計6名を処分し、再発防止に取り組んできくことを発表した。

「女性の告発によれば、GロッソにMCとして入った当初から、あいさつの無視や握手会中の水掛けなどの嫌がらせ、さらに男性器の名称の卑猥なあだ名で呼ばれたり、胸やお尻を触るなどのセクハラが当たり前という環境の中で1年近く働いていたものの、ゴールデンウイーク明けに『力不足なのでもう来なくていいです』と宣告されたとのことでした。

〈会社からは、余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ、と強く言われていましたのでこれを発信するということはそういうことです〉という脅しともとれるパワハラ被害にも合っていたこともつづっており、子供に夢を与えるヒーローショーを制作する会社の、あまりに残念な実態を、勇気をもって告発してくれました」(ジャーナリスト)

 東映が、この訴えに真摯に向きあい、厳正な処分が行われたことはよかったが、戦隊ヒーロー作品にかかわるスタッフの一人は、「ヒーローショーだけでなく、テレビの撮影の現場も似たようなものですけどね」とこう明かすのだ。

「かつての名物プロデューサー・Tの“揉む・触る”のセクハラは有名で、何人もの女性キャストが泣かされてきました。しかも、Tが担当すると女性キャストの衣装が明らかにいやらしくなり、パンチラやずぶ濡れシーンが増えることも有名でした。Tは、担当作品が大不評で壊滅的な商業成績をたたき出し退社することになりましたが、実は、この仕事の失敗ではなくセクハラが問題視されての退社だったとも囁かれ、他社のプロデューサーに就任しているのが分かったときは、『まさか!』と業界騒然となりました。

 ただ、Tの退社以降も、安易に視聴率を上げようと女性キャストのお肌の露出やサービスショットは増えています。キャストのほとんどが新人という現場では“教育の一つ”としてこれが黙認されているような雰囲気があります。セクハラプロデューサー・Tの置き土産が、いまも生きているんです」

 正義のヒーローを生み出す現場が、子供に恥ずかしくない環境であってほしいものである。

東映特撮「セクハラ常態化」P退社だけでは済まない問題の数々のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!